生活サポート基金を利用できない人とは

生活サポート基金を利用するための条件はまず、普段の日常の生活に置いて消費者金融から多額のお金を借りている方や、自己破産などが原因で、他の消費者金融などで借り入れができないかたへ貸付けするためのサポートで、生活が困窮している方はサポートを受けることが出来ます。ですので、事業を新しく起こそうとする際にお金を貸し付けるものではないということを理解しておきましょう。

審査についてですが、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の都内に住んでることが条件で、年収が600万円以下であること、借りた元金を返済することが可能であること、就業しており勤続年数が6ヶ月以上であることが審査の基準となります。この基準に満たない場合、審査には通らないため、生活サポート基金を利用することができません。

貸付限度額の上限については自分の年収の3分の1を貸し付けてくれます。これについては、銀行カードローンと同じく賃金業法に基づいて活動しているため、ルールに乗っ取り上限は年収の3分の1までとされます。

利子は12.5%からとなり銀行と同じ金利で返済期間は1ヶ月から120ヶ月の中から選び返済をします。生活サポート基金の取り組みですが賛同してくれる方々の融資で運営されているため、無金利とは行かず、利子がつきます。以上が生活サポート基金の生活再生ローンの必要最低限の説明になります。